HOME>トピックス>借り手と貸し手の和解を考えたスキルを身につける

不動産のセミナーが支持

住宅模型とお金

阿佐ヶ谷エリアでは、個人でも賃貸不動産の経営・管理が可能であり、そうしたノウハウや知識、情報を収集したり習得できるセミナーも話題になっています。いわゆる、副収入を得られる点、保有する不動産を有効活用したい、そうしたユーザー(ニーズ)からは、成功者が催すセミナーへの注目度が高いようです。

ノウハウを伝授

マンション

個人が賃貸経営を視野に入れるのなら、入居者を募集することになり、そのためにホームページを作成して物件を広告しようとしても、そのノウハウが無いとできません。だからこそ、パソコン教室をはじめ、不動産経営のセミナーや関連付けられる資格取得も注目されています。また、阿佐ヶ谷の不動産業者に仲介となってもらうことも宅建業の未登録者からは注目できる点で、その道のスペシャリストへの依頼が途絶えません。

クレーム処理ができる

賃貸に出すからには、入居者を選別しなければなりません。ただ、阿佐ヶ谷エリアでも入居トラブルに繋がることが0とはいえません。どのように断るのか、これはクレーム処理にも通じている問題で、不動産業のセミナーに参加したり、コミュニケーション能力を高めるスクール通いをする者がいます。断り方まで学ぶことに注目が集まり、入居者の個人情報に関わらない無難なやり取りは、風評被害も避けられるようです。

文書を作成する

賃貸であるからには、多くは契約の更新をせずに「明け渡し」になります。阿佐ヶ谷エリアでは、更新と立ち退きをめぐるトラブルを避けるために、公正証書を用いる契約に注目が集まっています。一般の文書よりも強い法的効力があるからでしょうが、このことで貸主は家賃を確保できます。自ら作成するのが難しい場合もあるはず、契約書の原案作成や公証人との折衝などを含め、専門家である行政書士にも注目が集まっています。

広告募集中